ド軍2人目の守護神に マエケンを支える鉄壁の“高低”制球力

公開日: 更新日:

 昨年まで2年連続リーグ優勝、今季もどこより早く地区優勝を決めたドジャースで、いまや2人目の守護神に定着したのが前田健太(31)だ。

 15日(日本時間16日)のメッツ戦は1点リードの九回1死からマウンドへ。

 3分の2イニングを無安打無失点に抑えて2セーブ目(9勝8敗、防御率4・02)。これで3試合連続無失点となり、いまやジャンセンに次ぐ2番目の守護神として期待されている。

 この日の最速は152キロ。ストレートの球速はメジャーの平均程度の上、かつての野茂や佐々木のような落差の大きなフォークを投げるわけではない。変化球といえば、130キロ台後半のスライダーとチェンジアップくらい。それでも最強チームの先発を務め、最近はリリーフ陣の柱のひとりになっている最大の理由は制球力だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る