フェアリージャパン 女王ロシアを追い詰めた「舞台度胸」

公開日: 更新日:

 新体操世界選手権(アゼルバイジャン・バクー)で44年ぶりの団体総合銀メダルを獲得した日本代表「フェアリージャパン」が24日に凱旋帰国した。

 初の金を獲得した種目別ボール、銀のフープ、クラブと合わせて3個のメダルを手にし、来年の東京五輪出場枠も勝ち取った。

 3個のメダルを首から下げて会見した杉本早裕吏主将(23)は「総合に加えて種目別でもメダルを取れたのは自信になり、レフェリーにもアピールできたと思う」と笑顔で話した。

 長年にわたって女王の座に君臨するロシアに団体総合でわずか0.5点差と肉薄したことには「演技を見ていたが、私たちとそんなに差はないなと感じました。抜かせる位置にはいると思います」と、手ごたえを口にした。

 あのロシアを脅かすほど安定した演技を披露したのは難度の高い技を相次いで成功させた技術の高さはもちろん、それ以上に団体メンバー5人が舞台度胸を発揮したからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る