フェアリージャパン 世界選手権はメークと技で圧倒する?

公開日: 更新日:

 新体操団体の日本代表「フェアリージャパンPOLA」が31日、世界選手権(9月=アゼルバイジャン・バクー)に向けた新メークを披露、各選手が美容コーチによるマンツーマン指導を受けた。

 今回のテーマは「調和」。杉本早裕吏主将(23=写真)は「去年から少し大人っぽくなったと思う。メークすることで自信になるので、これからも大切にしていきたい」。

 日本のメークは海外勢から一目置かれているそうで、メンバーのひとりである熨斗谷さくら(21)は「試合のメークでは(普段とは)別人のように見られている。(海外の選手の)リアクションが違うんです」と自信を見せた。

 団体は8位入賞を果たした2016年リオ五輪以降、着実にレベルアップ。12年ロンドン五輪時の団体主将で、美容コーチを務める田中琴乃氏は「海外チームと比べて難度の高い技で上回っているのが結果につながっている。技のレベルは海外勢と比べて遜色ない。世界選手権でも十分に上位を狙えると思う」と話す。

 世界選手権に加え、20年東京五輪でのメダル取りはメークと高難度の技にかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る