アイルランドに勝利も選手沈着 ラグビーW杯狂騒の違和感

公開日: 更新日:

 2015年の英国大会、南ア戦に続く歴史的大金星、まさにジャイアントキリングだと、テレビやスポーツ紙が大騒ぎしている。

 世界ランキング9位の日本代表が、同2位で優勝候補のアイルランドを19―12で破った28日のラグビーW杯1次リーグの結果を受けてだ。

 中継したNHKのアナウンサーが「もうこれは奇跡とは言わせない!」と絶叫すれば、民放も各地のパブリックビューイング(PV)やスポーツバーで観客が日の丸を振って騒ぎ立てる様子を放映。いまもバカ騒ぎは続いているが、そんな報道の数々に本当のラグビーファンはシラケている。

 勝利の数時間後、<アイルランド戦の感動を誰にも邪魔されたくないから、今日はスポーツニュースとか見ないよ>とツイートしたのはジャーナリストの神保哲生氏だ。

 神保氏は米コロンビア大学在学中、大学のラグビーチームに所属していて、ラグビーに造詣が深い。そんなファンからすれば、テレビのスポーツニュースはスゴい、スゴいと感動の押し売りをするだけ、感動は自分でするから邪魔だということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る