エ軍大谷どうなる二刀流 監督解任より気がかりなGMの去就

公開日: 更新日:

 大谷翔平(25)のボスがクビになった。

 エンゼルスが9月30日(日本時間10月1日)、ブラッド・オースマス監督(50)の解任を発表した。「難しい決断だったが、別の方向に進む必要があるとの判断」とはビリー・エプラーGMだ。

 米メディアはカブス監督を退任したばかりのジョー・マドン(65)の就任を有力視している。

 エプラーGMはすでに大谷を来季、投打の二刀流で起用すると公言している。監督が代わろうとその方針に変更はないといわれるが、マドン監督が就任するようなら違った形の二刀流が見られるかもしれない。なにしろ過去3回、最優秀監督賞を受賞した策士。外野を4人で守らせたり、逆に内野手を増やしたり、満塁で強打者を敬遠したりも平気でする。投手をやりながら打席にも入る真の二刀流が実現する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  10. 10

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る