終盤は難敵揃いだが…エ軍大谷に“トラウト敬遠”はむしろ吉

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)が8日(日本時間9日)のホワイトソックス戦に「3番・DH」で出場。4試合ぶりに慣れ親しんだ打順で4打数1安打1打点。

 前日には渡米後初の4番。猛打賞でキャリアハイの5打点をマークしたとはいえ、今後はヤンキース、アストロズ(2カード計7試合)など、地区優勝やワイルドカードでのポストシーズン進出がかかるチームとの対戦が続く。

 大谷はリーグトップの45本塁打をマークしている主砲トラウトの後の3番を打つ見込み。1試合も落とせない相手バッテリーからすれば、好調なトラウトを申告敬遠する可能性もあるが、大谷は意地を見せられるか。

「大谷の後の4番にはプホルス(今季113試合で21本塁打)、アップトン(同61試合で12本塁打)ら実績のある打者が控えるだけに、バッテリーは大谷との勝負を避けられません。バーランダーらの一線級はともかく、何が何でも抑えようと力むあまり、失投する投手もいるはずです。ポストシーズン進出がかかるチームの投手であれば、なおさらミスは命取りになりますからね」(JスポーツMLB中継で解説を務める評論家の三井浩二氏)

 トラウトが敬遠された後の大谷は、ここまで3打数1安打、2四球と結果を残している。相手投手が大谷は抑えなければならないと力めば、チャンスは広がりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る