エンゼルス首脳陣が温める大谷翔平に来季“三刀流”プラン

公開日: 更新日:

 来季はフル回転での活躍を期待されそうだ。

 来季、二刀流としての復活が見込まれるエンゼルス・大谷翔平(25)に新たな役割が与えられるからだ。

 昨季終了後に、右肘靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けた大谷は今季、打者に専念。DHで98試合に出場し、353打数、102安打の打率.289、16本塁打、54打点。8月28日のレンジャーズ戦の第2打席から、31日のレッドソックス戦まで快音が響かず、自己ワーストの13打席連続無安打(2日終了時)。今季は好不調の波が激しいとはいえ、パワーは依然として健在だ。打球の軌道などを計測するMLBのスタットキャストによれば、大谷の今季の平均初速は92.6マイル(約149キロ)で、大リーグ平均(約141キロ)をはるかに上回る。

 一発があり、内野安打にできる走力も併せ持つ大谷は、相手投手にとっては嫌な存在ではあるものの、打者としての先発出場はDHのみで、起用法は限られている。指名打者が使えない敵地ナ・リーグでのインターリーグではスタメンを外れ、ベンチ待機を強いられるのだ。今季、エンゼルスの敵地での交流戦は、大谷が復帰した5月以降では計8試合。いずれも、ベンチで待機し、代打での起用に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る