鈴木規夫
著者のコラム一覧
鈴木規夫プロゴルファー

1951年10月21日生まれ、香川県出身。72年プロテスト合格、翌73年「ミズノ新人プロ」で初優勝を挙げた。ショットのキレ味が抜群で〝九州の若鷲〟と呼ばれ、74年から九州オープン5連覇を達成。76年にメジャー全英オープンに予選会から挑戦し、日本人プロとして初めて初日首位に立ち、10位フィニッシュ。日本ツアー16勝。日本ゴルフツアー機構(JGTO)の元理事で、トーナメントディレクターも歴任した。オハヨー乳業所属。

ダフリを防ぐためにウエッジはソールを滑らせて振り抜く

公開日: 更新日:
イラスト・渡辺隆司

 ロフトの大きいウエッジでアプローチをするとき、アマチュアがよく犯すミスがダフリだ。フェースの刃の部分(リーディングエッジ)が出っ張っているために、芝に突き刺さってザックリするからだ。そこで、ソールを滑らせて振り抜く方法を鈴木規夫プロ(オハヨー乳業所属)に聞いた。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  5. 5

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  6. 6

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

もっと見る