“負けず嫌い”渋野日向子が本気に 米ツアーへ意欲ムクムク

公開日: 更新日:

【日本女子オープン】2日目

 その気になって当然だ。

 大会2日目の渋野日向子(20)は、5バーディー、3ボギーの70。首位に5打差の通算7アンダー9位タイで決勝ラウンドに進む。同組でラウンドした畑岡奈紗(20)と前年覇者のユ・ソヨン(29)はそれぞれ67、66で回り、通算10アンダー3位タイに浮上した。

 残り2日間、渋野にもまだまだ優勝のチャンスはあるものの、ホールアウト後は「(同組の2人とは)全然レベルが違う」と脱帽。畑岡とソヨンと2日間一緒に回り、アプローチやショットの種類だけでなく、スイングの修正能力なども比較にならないことを実感したようだ。

 2人に刺激を受けた渋野はさらに、「全英に勝った時よりは(米ツアーに)興味はあります。(参戦は)あるかもしれないです。海外でツアーに出て自分を強くしたい気持ちがある。英語もしゃべれるようになりたい」と、米ツアー参戦の可能性についても語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  5. 5

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る