W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

公開日: 更新日:

 圧倒的熱量を「次」につなげられるか。

 9月20日に日本で開幕したラグビーW杯。筋肉の鎧を身にまとった男たちの戦いに、日本中が熱狂している。

 だが、一過性のブームなら、日本ラグビー界が困る。今の熱気をどうにか「営業」に結び付けたいところだ。

 国内のラグビー事情は、強豪国に比べてやはりさみしい。競技人口は約29万6000人と今大会に出場している20カ国・地域中6位を誇るものの、人口と対比した普及率は0・23%(同18位)。人口の割に、ラグビーに関心を持つ者が少ないことがわかる。

 優勝候補のニュージーランドは、競技人口約15万6000人(同12位)で普及率は3・32%(同8位)。ラグビー発祥の地イングランドの競技人口は約211万人(同1位)。普及率も3・8%(同5位)と高い数字を誇っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  7. 7

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る