ラグビー日本代表WTB福岡堅樹 “スピードスター”のルーツ

公開日: 更新日:

 ラグビーW杯1次リーグでサモアを38対19で下し、開幕3連勝とした日本代表。アイルランド戦で決勝トライを奪い、サモア戦でも後半1トライあげるなど大活躍なのが、50m5秒8のスピードスターWTB福岡堅樹(27=パナソニック)だ。祖父は内科医、父親は歯科医。将来的には医師を目指すという。これまでの恩師、恩人が異色のラガーマンの原点を明かした。

■洞察力と集中力でインターセプト狙い

 2020年東京五輪で現役を引退すると決めている。15人制の国際舞台は今回のW杯が最後。その後は幼い頃からの夢でもある医師を目指す。

 5歳からプレーを始めた福岡県宗像市の玄海ジュニアラグビークラブで、当時監督だった平川博康会長(69)がこう言う。

「歯科医のお父さんは元ラガーマン。その影響で車で30分くらいのところにあるうちに来たんですね。背はあまり大きくなかったけど、小学生の頃から足の速さは群を抜いていました。体にバネがあって瞬発力がケタ違い。誰も止められないし、パスも強いから味方も取れない。でも弱点がありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る