松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

なんだ、コイケ都知事って「自分ファースト」だったんだな

公開日: 更新日:

 東京五輪のマラソンと競歩が札幌開催に変更の一報を聞いて、一番猛り狂ったのは東京都知事だったらしい。

 そりゃそうだろう。ひとさまが血眼になって誘致してきた、お祭りの主催者の座が転がり込んで来たんだ。カイロ大を首席で出たの引っ込んだの知らないが、待てばカイロの日和あり?

「あっはっは、私の出番ね」と胸を張る、鼻は伸びる。「五輪だわよおどき!」てなもんで街路樹を軒並み切り倒して化粧すりゃ、選手から「日陰がない、地獄だ!」と文句を言われ、霧吹いたらいいらしいデス、地面温度の上がらないアスファルト敷いたらいいらしいデス、片っ端から決裁のハンコついたが、あんた得意の横文字「アスリートファースト」はどれも中途半端だと。

 ……だからね都知事、ご英断が下ったのだよ。あんたの大嫌いな森喜朗ジイサマじゃねえ、五輪の元締から。あんたの暑さ対策じゃホントに人が死ぬト。人が死んでからじゃ責任の取りようがないから、いっそサッポロでやったほうがサッポリするって、かのIOCがお決めになったの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  6. 6

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  9. 9

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る