今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

公開日: 更新日:

「そもそも無理がありました」

 その一報を聞いてこう言ったのは、元陸連強化委員長で専務理事などを歴任した澤木啓祐氏(順大大学院特任教授)だ。

 国際オリンピック委員会(IOC)は16日、2020年東京五輪の男女マラソンと競歩のコースを東京から札幌に移す検討に入ったと発表した。開幕まで1年を切ったこの時期に、IOCが異例ともいえるコース変更に動いたのは、6日に閉幕した世界陸上(ドーハ)ロードレースの結果が大きい。

 女子マラソンは気温30度、湿度70%以上の過酷な条件の中で行われ、68人中28人が棄権。男子50キロ競歩は46人がスタートしてゴールしたのは28人。選手やコーチ陣からは「非人道的」「地獄のレース。身体へのダメージが大きすぎる」との批判の声が多数出た。

 前出の澤木氏は16年9月の本紙インタビューで「東京五輪のマラソンや競歩は北海道か河口湖付近でやればいいと思う」と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  6. 6

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  7. 7

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  8. 8

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  9. 9

    難病の息子を生んだ母親に…ウーバー運転手の思いやりに涙

  10. 10

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る