今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

公開日: 更新日:

「そもそも無理がありました」

 その一報を聞いてこう言ったのは、元陸連強化委員長で専務理事などを歴任した澤木啓祐氏(順大大学院特任教授)だ。

 国際オリンピック委員会(IOC)は16日、2020年東京五輪の男女マラソンと競歩のコースを東京から札幌に移す検討に入ったと発表した。開幕まで1年を切ったこの時期に、IOCが異例ともいえるコース変更に動いたのは、6日に閉幕した世界陸上(ドーハ)ロードレースの結果が大きい。

 女子マラソンは気温30度、湿度70%以上の過酷な条件の中で行われ、68人中28人が棄権。男子50キロ競歩は46人がスタートしてゴールしたのは28人。選手やコーチ陣からは「非人道的」「地獄のレース。身体へのダメージが大きすぎる」との批判の声が多数出た。

 前出の澤木氏は16年9月の本紙インタビューで「東京五輪のマラソンや競歩は北海道か河口湖付近でやればいいと思う」と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る