日本新狙う設楽の「五輪より1億円」に込めた怒りと本音

公開日: 更新日:

「五輪キップより1億円が欲しい」

 男子マラソン前日本記録保持者・設楽悠太(27)の発言が陸上界に衝撃を与えた。3日に行われた東日本実業団対抗駅伝(埼玉)のレース後、「来年の東京マラソンに出ます。五輪キップより1億円の方が欲しい。そっちが優先」と語った。設楽はこのレースで大迫傑(28)の持つ日本記録(2時間5分50秒)を日本人トップで更新し、福岡国際、びわ湖でそれを上回る選手が出なければ最後の五輪キップを手にする。さらに、日本実業団陸上連合から2度目となる1億円の報奨金も出る。名誉の五輪代表より、札束の山に魅力を感じているようだ。

 設楽の発言を聞いた実業団関係者はこう言う。

東京五輪の招致が決まったのは2013年。以後陸連は、真夏の五輪に向けて選手の身体データを取り、暑さ対策、代表選考のあり方まで研究、検討を重ねてきた。3人のマラソン代表選考は、本番とほぼ同じコースを残暑の残る9月(15日)に走り、男女2人ずつが決まった。沿道には52万人以上の観客が集まり、日曜日の午前でもテレビ視聴率は男子の関東地区平均(TBS系)が16・4%。女子の同平均(NHK総合)は13・5%(数字はビデオリサーチ調べ)でした。それだけ盛り上がったイベントなのに、主役の選手たちには1円の賞金も出ず、文句を言う選手も多数いた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る