白星発進も盤石とは…貴景勝の左胸に尽きない再発の不安

公開日: 更新日:

 盤石の相撲で勝った……ように見えた。

 10日、大関に復帰した貴景勝(23)が白星発進。隠岐の海をものともせず、土俵下に押し飛ばした。

 先場所に筋断裂した左胸の状態が懸念されていたものの、この日は左のハズ押しで攻めるなど負傷前と変わりない力強い相撲を見せた。

 ただ、それでも不安は残る。解説の舞の海秀平氏は「稽古では考えられないくらいの力が、本場所ではかかる」と話していた。貴景勝が先場所ケガをしたのは千秋楽の御嶽海との優勝決定戦。鋭い出足の巨体と自身の伸ばした左腕が激突し、想像以上の負荷が患部にかかった、という見方が角界ではもっぱらだ。

「貴景勝は、立ち合いで両手を使って押す。それが今日は普段より手が前に出ず、体全体でぶつかっていった。そこがらしくないと言えば、らしくない。隠岐の海を警戒して意図的に慎重にいったのならいいが、過去の対戦ではきちんと手が前に出ていた。負傷直後の場所とあって、無意識にケガを恐れて、手が伸びなかった可能性もゼロではない」(ある親方)

 左胸に問題なしと決めつけるには、まだ早い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  5. 5

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  6. 6

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  7. 7

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  8. 8

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  9. 9

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  10. 10

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

もっと見る