懸賞最多161本の貴景勝「横綱昇進」のタイムリミットは?

公開日: 更新日:

「遅くても来年いっぱいに昇進しなければ、厳しいのではないか」

 大関貴景勝(23)の綱とりについて、角界ではこんな声が上がっている。

 10日に初日を迎える大相撲11月場所。大関とりを目指す御嶽海や白鵬の復活などが話題になっているが、もっとも注目を集めているのが貴景勝。8日、相撲協会が発表した個人指定懸賞は、全力士最多の161本。1本につき現金3万円なので、全勝なら483万円だ。

 貴景勝は今年5月場所で大関に昇進してからというもの、ケガに悩まされている。同場所では右ヒザ靱帯を負傷し、途中休場。7月場所も全休し、わずか1場所で大関から陥落した。9月場所で12勝を挙げ、「陥落直後なら2ケタ勝利で大関に復帰できる」という特例をクリアしたが、今度は千秋楽の御嶽海との優勝決定戦で左大胸筋を肉離れしてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る