美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

公開日: 更新日:

 巨人が球団史上初めて認めたポスティング会見を行ったその日、FA戦線ではまたも苦杯を喫した。

 ロッテからFA権を行使した鈴木大地内野手(30)の楽天入りが18日、発表された。3度交渉を行っていた巨人は、この日の朝に鈴木から入団を断る連絡があったと明かした。

 国内FAの争奪戦で、巨人は負けたことがほとんどなかった。しかし、ロッテを選んだ美馬に続き、今回の鈴木でまさかの連敗である。

 原監督は鈴木について「(引退した阿部)慎之助の穴を埋める。選手層を厚くする。今の巨人に非常に必要な選手」と評価していたが、巨人の二軍関係者は意外にも「これで良かったんじゃないか」とこう続けるのだ。

「昨年FAで獲得した丸はMVPを引っ提げて移籍してきた。リーグ優勝から遠ざかるチームを救える存在だと、誰もが尊敬の念を持って迎えたけど、今年はFA市場にそこまでの大物はいないでしょう。2ケタ勝利1度の美馬に、3割を一度も打っていない鈴木ですから。それでも狙った2人を逃したうえ、15勝を挙げたエース格の山口もチームを去る。青写真が狂ったのは間違いありませんけど、これによって原監督や首脳陣が嫌でも若手に目を向けざるを得なくなったのは事実。美馬や鈴木が取れてたら埋もれたままだった若手が、日の目を見る可能性が出てきたのだから、彼らにとってはむしろラッキーかもしれない。ファーム関係者の間では、そんな話になっているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  7. 7

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る