松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

東京ドームでの山口俊は心ここにあらずって感じだった

公開日: 更新日:

 巨人山口俊投手がメジャーに行くそうだ。

 え? 山口? へ~、そうなんだ。それも、今まで巨人が頑として容認しなかったポスティングで?

 そうか。よほどの事情があったんだろうな。なんか、プレミア12の決勝戦で先発したけど、初回に2本ホームラン打たれて、あらま、どうしたよ。セ・リーグ最多勝だろ。最多奪三振、最高勝率だろ。自慢のボールをスッカ~ンとレフトスタンド。マウンドだって投げ慣れた東京ドームだよ。そりゃまあ、両翼は狭いし、ホームランは出やすいから、投手は不利だもん、出合い頭ってこともある。抑えようと思えば、自慢のフォークで三振取れたと思うよ。

 だって、投げ慣れた東京ドームだよ。なにも世界一を決める決勝戦で初回に2本打たれなくてもいいだろうに、どうしちゃったんだい? と、日本代表の晴れ舞台で、セ・リーグ最多勝投手が、どしたんだよ? とね。思わなくもなかったんだけれども、今思うに、どっか、心ここにあらず、って感じだったのはそのせいか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る