松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

東京ドームでの山口俊は心ここにあらずって感じだった

公開日: 更新日:

 巨人の山口俊投手がメジャーに行くそうだ。

 え? 山口? へ~、そうなんだ。それも、今まで巨人が頑として容認しなかったポスティングで?

 そうか。よほどの事情があったんだろうな。なんか、プレミア12の決勝戦で先発したけど、初回に2本ホームラン打たれて、あらま、どうしたよ。セ・リーグ最多勝だろ。最多奪三振、最高勝率だろ。自慢のボールをスッカ~ンとレフトスタンド。マウンドだって投げ慣れた東京ドームだよ。そりゃまあ、両翼は狭いし、ホームランは出やすいから、投手は不利だもん、出合い頭ってこともある。抑えようと思えば、自慢のフォークで三振取れたと思うよ。

 だって、投げ慣れた東京ドームだよ。なにも世界一を決める決勝戦で初回に2本打たれなくてもいいだろうに、どうしちゃったんだい? と、日本代表の晴れ舞台で、セ・リーグ最多勝投手が、どしたんだよ? とね。思わなくもなかったんだけれども、今思うに、どっか、心ここにあらず、って感じだったのはそのせいか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る