残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

公開日: 更新日:

 えっ、何が何でもメジャーを目指すんじゃなかったのかよ――報道陣からはそんな声も上がった。

 日本時間13日、米アリゾナ州スコッツデールで開催中のGMミーティングの会場で、ポスティングシステムによるメジャー挑戦を目指すDeNA筒香嘉智(27)の代理人のジョエル・ウルフ氏が興味深い発言をした。

 筒香の現状というか評価に関して「多くの球団が関心を示している」と言いながら、本拠地にこだわらずレギュラーとして起用するチームを探していること、DeNAへの残留も選択肢に入っていることなどを明かしたのだ。

 同様にポスティングを利用してのメジャー移籍を目指す菊池涼介(29)が仮にマイナー契約だった場合、広島は残留を要請するともいわれている。

 西武秋山翔吾(31)も残留を含めた国内球団を選択肢から外していないから、な~んだ、結局3人とも条件次第ではメジャー移籍を断念。上のステージへのチャレンジよりカネかと思いたくもなるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る