DeNA筒香がポスティング申請 “異例の早さ”に隠された狙い

公開日: 更新日:

 15日、DeNAが筒香嘉智(27)のポスティング申請手続きをNPBに行ったと発表した。NPBからMLB側への通知も完了。MLBの手続き終了後、翌日から30日間の交渉が可能になる。

 ポスティングの申請は12月5日まで可能。同制度を利用する日本人選手は近年、12月に入ってから手続きをする選手がほとんどだった。そんな中、かなり早期の申請となったことに、DeNAの三原球団代表は「代理人と相談して、ウインターミーティングをターゲットとしてというのが一番」と説明している。

 ここまで早い決断をした筒香、そして代理人の狙いは何なのか。

 大リーグに詳しい野球文化学会会長で名城大准教授の鈴村裕輔氏はこう話す。

「ここ数年、FA市場の動きが遅くなっています。昨年は特にもつれ、ハーパーやマチャドが契約合意に時間を費やした。レッドソックスからFAとなったキンブレルがカブスと契約合意に至ったのは、ドラフト後の6月でした。今オフは野手にも大物選手が多く控えているため、マーケットの停滞が予想されます。筒香選手は良くも悪くも大物としては期待されていない。申請を遅くすれば大物選手と時期が重なり、筒香選手は後回しにされる可能性が高くなります。そうなると、球団が大物野手に予算を使い果たした後では見向きもされず、売れ残る危険も出てくる。代理人はそれを見越し、できるだけ早く存在感をアピールしようと判断したのでしょう。FA選手は本来、安く買い叩かれるのを懸念して早く契約することを躊躇しますが、筒香選手の場合はアピールしないといけない立場。金額にこだわらないのであれば、早い方が得策ということになります」

 レギュラー出場できれば、地域や球団はこだわらないという筒香。交渉がまとまれば、来月中旬にも移籍先が決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る