DeNA筒香がポスティング申請 “異例の早さ”に隠された狙い

公開日: 更新日:

 15日、DeNAが筒香嘉智(27)のポスティング申請手続きをNPBに行ったと発表した。NPBからMLB側への通知も完了。MLBの手続き終了後、翌日から30日間の交渉が可能になる。

 ポスティングの申請は12月5日まで可能。同制度を利用する日本人選手は近年、12月に入ってから手続きをする選手がほとんどだった。そんな中、かなり早期の申請となったことに、DeNAの三原球団代表は「代理人と相談して、ウインターミーティングをターゲットとしてというのが一番」と説明している。

 ここまで早い決断をした筒香、そして代理人の狙いは何なのか。

 大リーグに詳しい野球文化学会会長で名城大准教授の鈴村裕輔氏はこう話す。

「ここ数年、FA市場の動きが遅くなっています。昨年は特にもつれ、ハーパーやマチャドが契約合意に時間を費やした。レッドソックスからFAとなったキンブレルがカブスと契約合意に至ったのは、ドラフト後の6月でした。今オフは野手にも大物選手が多く控えているため、マーケットの停滞が予想されます。筒香選手は良くも悪くも大物としては期待されていない。申請を遅くすれば大物選手と時期が重なり、筒香選手は後回しにされる可能性が高くなります。そうなると、球団が大物野手に予算を使い果たした後では見向きもされず、売れ残る危険も出てくる。代理人はそれを見越し、できるだけ早く存在感をアピールしようと判断したのでしょう。FA選手は本来、安く買い叩かれるのを懸念して早く契約することを躊躇しますが、筒香選手の場合はアピールしないといけない立場。金額にこだわらないのであれば、早い方が得策ということになります」

 レギュラー出場できれば、地域や球団はこだわらないという筒香。交渉がまとまれば、来月中旬にも移籍先が決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る