空手マット1円入札 不当廉売で五輪組織委に公取のメスか

公開日: 更新日:

 2020東京五輪・パラリンピック組織委員会が今年7月5日に実施した空手競技場の床マット調達の一般競争入札で、埼玉県内の業者が1円で落札。組織委がこの落札価格を公表していなかったことが分かった。

 入札は競技会場の日本武道館と練習会場の東京武道館に敷かれるマット調達について行われ、一般的な価格は500万円前後のところ、応札した4社のうち2社が1円で入札。組織委は競技団体関係者らの意見を参考に埼玉県の業者を選んだ。組織委発注の入札は落札業者と契約金額を公表するのが原則だが、この1件は契約金額を公表していなかった。

 独占禁止法に詳しい有識者は、1円入札について「適正な価格とは言えず、独禁法が禁じる不当廉売にあたる可能性がある」と指摘。業界関係者は近く、この件を公正取引委員会に申告するとしている。ご難続きの東京五輪に公取委のメスが入ることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  4. 4

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る