日本柔道は丸裸…東京五輪惨敗なら他競技に“負の連鎖”必至

公開日: 更新日:

 日本のお家芸が、物足りない結果に終わった。

 1日に男女混合団体戦3連覇を達成して幕を閉じた柔道世界選手権(東京・日本武道館)。個人戦ではリオ五輪金メダルの男子73キロ級の大野将平(27)、女子52キロ級の阿部詩(19)ら、男女合わせて4個の金メダルを獲得。団体戦も含む計5個の金を取ったが、男子のエースと期待された阿部一二三(22)が準決勝で丸山城志郎(26)との日本人対決で敗退。優勝候補筆頭と目された男女の最軽量級(60キロ=高藤直寿・永山竜樹=銅、48キロ=渡名喜風南=銀)は表彰台の真ん中に立てず、前回18年のアゼルバイジャン大会から金メダルは3個減った。

 全柔連(全日本柔道連盟)の山下泰裕会長は「(海外勢から)よく研究されているし、苦戦しているなという印象。昨年までとは違う展開になっていた」と、大会を総括。「優勝した4人は徹底的に分析される。同じ柔道では来年も同じ結果とは限らない」と、一層の奮起を求めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  2. 2

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  3. 3

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  10. 10

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る