日本柔道は丸裸…東京五輪惨敗なら他競技に“負の連鎖”必至

公開日: 更新日:

 日本のお家芸が、物足りない結果に終わった。

 1日に男女混合団体戦3連覇を達成して幕を閉じた柔道世界選手権(東京・日本武道館)。個人戦ではリオ五輪金メダルの男子73キロ級の大野将平(27)、女子52キロ級の阿部詩(19)ら、男女合わせて4個の金メダルを獲得。団体戦も含む計5個の金を取ったが、男子のエースと期待された阿部一二三(22)が準決勝で丸山城志郎(26)との日本人対決で敗退。優勝候補筆頭と目された男女の最軽量級(60キロ=高藤直寿・永山竜樹=銅、48キロ=渡名喜風南=銀)は表彰台の真ん中に立てず、前回18年のアゼルバイジャン大会から金メダルは3個減った。

 全柔連(全日本柔道連盟)の山下泰裕会長は「(海外勢から)よく研究されているし、苦戦しているなという印象。昨年までとは違う展開になっていた」と、大会を総括。「優勝した4人は徹底的に分析される。同じ柔道では来年も同じ結果とは限らない」と、一層の奮起を求めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る