五輪代表1枠に直結も…MGCファイナルが盛り上がらない理由

公開日: 更新日:

 知っている人がどれだけいるのだろうか。

 東京五輪マラソンはドタバタ劇の末、会場が札幌に変更になった。専門家の間でも、「酷暑とレース終盤の急坂がなくなった札幌では、日本選手の上位争いは厳しくなった」という見方が強い。それでもマラソン人気は根強く、本番当日の国民は大応援団と化すに違いない。

 すでに9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で、男女2人(1位中村匠吾、2位服部勇馬、1位前田穂南、2位鈴木亜由子)には代表内定が出た。残る1枠はMGCファイナル3レース(左表)の結果待ちである。そこで設定条件(男子2時間5分49秒、女子は2時間22分22秒)以内の記録をマークし、かつ、日本人最高なら最後の代表に内定。設定記録をクリアできなければMGC3位の大迫傑と小原怜が代表に内定する。

 男子のファイナル初戦は12月1日号砲の福岡国際。女子は8日のさいたま国際だ。ところが大会直前になってもちっとも盛り上がらない。五輪代表に直結している大会であることさえ知らない者が多いのではないか。なぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る