五輪代表1枠に直結も…MGCファイナルが盛り上がらない理由

公開日: 更新日:

 知っている人がどれだけいるのだろうか。

 東京五輪のマラソンはドタバタ劇の末、会場が札幌に変更になった。専門家の間でも、「酷暑とレース終盤の急坂がなくなった札幌では、日本選手の上位争いは厳しくなった」という見方が強い。それでもマラソン人気は根強く、本番当日の国民は大応援団と化すに違いない。

 すでに9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で、男女2人(1位中村匠吾、2位服部勇馬、1位前田穂南、2位鈴木亜由子)には代表内定が出た。残る1枠はMGCファイナル3レース(左表)の結果待ちである。そこで設定条件(男子2時間5分49秒、女子は2時間22分22秒)以内の記録をマークし、かつ、日本人最高なら最後の代表に内定。設定記録をクリアできなければMGC3位の大迫傑と小原怜が代表に内定する。

 男子のファイナル初戦は12月1日号砲の福岡国際。女子は8日のさいたま国際だ。ところが大会直前になってもちっとも盛り上がらない。五輪代表に直結している大会であることさえ知らない者が多いのではないか。なぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る