コースも二転三転で選手困惑 IOC幹部は「マラソン無知」か

公開日: 更新日:

 どうでもいいことなのかもしれない。

 開幕の9カ月前になって札幌移転が決まった東京五輪のマラソンと競歩。未定だったマラソンのコースがぼんやりと見えてきた。

 関係者の話では、大通公園を発着点とする周回コースとする案を軸に検討に入ったという。札幌市の中心部を周回することで、コスト削減や警備の効率化などが狙いのようだ。

 組織委員会は12月3日に始まる国際オリンピック委員会(IOC)の理事会までに発着点を含むコースや日程を固めるための作業を急いでいるのだが、この時期になって突然、競技会場が札幌に移り、コースはまだ正式決定していない。これで「アスリート・ファースト」とはよく言ったものだ。

 そもそもこんな事態になったのは、IOC幹部がマラソンや競歩について知識がないからだと見る向きもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  6. 6

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  9. 9

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る