五輪代表1枠に直結も…MGCファイナルが盛り上がらない理由

公開日: 更新日:

記録は絶望的

 ある実業団の関係者が言う。

「福岡国際には9月のMGCを走った藤本拓(9位)、福田穣(22位)、佐藤悠基(23位)の3人が出場する。彼らには申し訳ないが、設定された記録以内で走るのは絶望的です。1991年のコース変更で海沿い部分のルートが大幅カットされてからも2時間5分台の記録は外国勢が2回出しただけ(右表)。持ち時計が最も早い福田でさえ2時間7分57秒ですから。女子のさいたま国際も記録が出ないコースで有名。しかも、全日本実業団女子駅伝が24日に終わったばかりで有望選手は出てこない。福岡には世界陸上に出場した川内優輝(29位)が出てきて、これが99回目のマラソン。残念ながら川内参戦のほうが話題になっているぐらいです」

 選考の透明性を求めて9月に一発勝負のMGCが行われた。そこで3人の代表が決まればわかりやすいのだが、そうなるとマラソンシーズンの男女6レースは見向きもされなくなる。わざわざ1枠残してファイナルにも注目してもらおうということだったのに、男女とも初戦は寂しい大会になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  3. 3

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  9. 9

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

  10. 10

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る