マラソン開催地変更より深刻…観光業界を悩ます「嵐ロス」

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪マラソン競技が、開催日程を変えずに札幌で実施される可能性が高まっている。大会最終日に行われる男子マラソンは、メインスタジアムの閉会式で表彰を行うのが通例。それを覆して表彰も札幌でやる案が浮上しているようだ。

 トップランナーの迫力ある走りを沿道から見守ろうと考えていた東京のファンには残念な結果になりそうだ。

 東京で実施する競技が減れば、ホテルや観光業界もがっかりだろうが、大手ホテルの関係者は「それよりも大きいのは“嵐ロス”です。アイドルグループの嵐が活動を休止する2021年は、旅行関連会社の業績が大幅に落ち込むと予想されています」と言う。

 嵐は先週土曜日(16日)までの3日間、マラソンが行われる札幌でコンサートを開催。15万人を動員した。期間中は市内のホテルが満室となり、小樽や千歳など周辺都市で宿を確保したファンも少なくなかったという。地元もバス会社は新千歳空港から会場の札幌ドームまでの便を増やし、ドームの最寄りの地下鉄駅では駅員を増員して対応している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  9. 9

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る