マラソン開催地変更より深刻…観光業界を悩ます「嵐ロス」

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪マラソン競技が、開催日程を変えずに札幌で実施される可能性が高まっている。大会最終日に行われる男子マラソンは、メインスタジアムの閉会式で表彰を行うのが通例。それを覆して表彰も札幌でやる案が浮上しているようだ。

 トップランナーの迫力ある走りを沿道から見守ろうと考えていた東京のファンには残念な結果になりそうだ。

 東京で実施する競技が減れば、ホテルや観光業界もがっかりだろうが、大手ホテルの関係者は「それよりも大きいのは“嵐ロス”です。アイドルグループの嵐が活動を休止する2021年は、旅行関連会社の業績が大幅に落ち込むと予想されています」と言う。

 嵐は先週土曜日(16日)までの3日間、マラソンが行われる札幌でコンサートを開催。15万人を動員した。期間中は市内のホテルが満室となり、小樽や千歳など周辺都市で宿を確保したファンも少なくなかったという。地元もバス会社は新千歳空港から会場の札幌ドームまでの便を増やし、ドームの最寄りの地下鉄駅では駅員を増員して対応している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る