巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

公開日: 更新日:

 軽く1億円プレーヤーの仲間入りを果たした。

 巨人岡本和真内野手(23)が3日、都内の球団事務所で契約交渉を行い、6000万円アップの年俸1億4000万円で更改した。

 巨人の高卒選手では、23歳シーズンで到達した松井、坂本に次ぐ3番目の早さで、24歳シーズンでの1億円突破を果たした。今季は主に4番打者として、全143試合に出場。2年連続の30本超えの31本塁打を放ち、打率・265、94打点で5年ぶりのリーグ優勝に貢献した。一方で夏前までは苦しい時期もあった。「いろんな人の支えがあって助けてもらいながら、技術もメンタルも成長できた。その人たちに感謝したい」と振り返った。

 もちろん、一軍にコーチはいるが、若き主砲を救った人物は他にもいた。

 まずは球団OBのウォーレン・クロマティ氏(66)だ。今年6月からチームに同行。臨時コーチのような形で岡本や外国人選手に助言を与えていた。いくら「原監督のゲスト」とはいえ、突然指導を始めたクロマティ氏に、当初は近寄らない選手が多かった。が、他人の目や立場などを気にしない岡本は、率先してコミュニケーションを図り、金言を授かった。「センターから逆方向」と英語で書かれた紙をヘルメットに貼り付けてまで、意識を徹底した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

もっと見る