巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

公開日: 更新日:

 獲得は「秒読み段階」ともっぱらだ。

 2日、ヤクルトとの残留交渉が合意に至らず自由契約となったバレンティン(35)を巡り、ソフトバンクが獲得に名乗りを上げた。

 2年総額10億円以上の大型契約とともに、ヤクルト時代から愛着のある背番号4を用意。ヤクルト在籍9年でFA権を取得したバレンティンは、来季から日本人扱いになる。V9時代の巨人以来となる4年連続日本一に向け、日本通算288本塁打を放つ大砲に、巨額の資金を投下する。

 かつてバレンティンはメジャー復帰を視野に入れたことがある。2017年WBCではオランダ代表の4番として存在感を発揮。しかし、メジャーから色よいオファーがなかった上に、ヤクルトが好待遇を維持してきたこともあり、結果的にチームの顔として9年間もプレーした。


「ただその裏で、クビが検討されたこともある」とは、ヤクルトOB。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  10. 10

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る