巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

公開日: 更新日:

 獲得は「秒読み段階」ともっぱらだ。

 2日、ヤクルトとの残留交渉が合意に至らず自由契約となったバレンティン(35)を巡り、ソフトバンクが獲得に名乗りを上げた。

 2年総額10億円以上の大型契約とともに、ヤクルト時代から愛着のある背番号4を用意。ヤクルト在籍9年でFA権を取得したバレンティンは、来季から日本人扱いになる。V9時代の巨人以来となる4年連続日本一に向け、日本通算288本塁打を放つ大砲に、巨額の資金を投下する。

 かつてバレンティンはメジャー復帰を視野に入れたことがある。2017年WBCではオランダ代表の4番として存在感を発揮。しかし、メジャーから色よいオファーがなかった上に、ヤクルトが好待遇を維持してきたこともあり、結果的にチームの顔として9年間もプレーした。


「ただその裏で、クビが検討されたこともある」とは、ヤクルトOB。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る