567%増で年俸8000万円 G岡本メジャー否定の“建前と本音”

公開日:

 巨人の岡本和真(22)が19日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1200万円から球団史上最高となるアップ率567%の8000万円でサインした。

 今季は史上最年少の22歳での「3割30本塁打100打点(打率.309、33本塁打、100打点)を達成。チームで唯一の全143試合先発出場を果たした。「最大限の評価をしていただいた。(球団から)今年に関しては文句の付けようがないと言ってもらい、すごいうれしかった。去年までちょっとのところで上がったり下がったりしていたけど、こんなに変わるんだとビックリした。(来季の目標は)個人的には40本塁打。(使い道は)税金は関係なく全部貯金をしたい」とニヤリである。

 最近の野球人口の減少についての危機感も口にした。今や競技人口はサッカーに抜かれている。が、ライバルは今、人気急上昇中のあの職業だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る