元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

「なんで俺を呼ばへんのや」南野拓実の苦闘5年と無精ひげ

公開日: 更新日:

「なんで俺を呼ばへんのや。俺だって代表に行ったらできるで」

 ハリルホジッチ日本代表に招集されず、くすぶっていた2016年末。

 南野拓実は、所属先ザルツブルク(オーストリア)に魅力的なオファーが届かず、何度か現地に足を運んだ筆者に不完全燃焼感を吐露した。苦境に耐える様子を醸し出していた苦労人が3年後、日本のエースと欧州王者リバプールの一員の座をついに手にした。

 20歳前の2015年1月、ザルツブルクに移籍した南野が「18年ロシアW杯はエース級の活躍をする」と筆者は当然のように考えていた。

 しかし、ザルツブルクで絶対的なエースになり切れず、代表でもハリル時代の15年10月のイラン戦でデビューしたが、出場時間は2分! 翌11月のカンボジア戦は4分! ハリルは南野に見向きもしなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る