元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

「なんで俺を呼ばへんのや」南野拓実の苦闘5年と無精ひげ

公開日: 更新日:

「なんで俺を呼ばへんのや。俺だって代表に行ったらできるで」

 ハリルホジッチ日本代表に招集されず、くすぶっていた2016年末。

 南野拓実は、所属先ザルツブルク(オーストリア)に魅力的なオファーが届かず、何度か現地に足を運んだ筆者に不完全燃焼感を吐露した。苦境に耐える様子を醸し出していた苦労人が3年後、日本のエースと欧州王者リバプールの一員の座をついに手にした。

 20歳前の2015年1月、ザルツブルクに移籍した南野が「18年ロシアW杯はエース級の活躍をする」と筆者は当然のように考えていた。

 しかし、ザルツブルクで絶対的なエースになり切れず、代表でもハリル時代の15年10月のイラン戦でデビューしたが、出場時間は2分! 翌11月のカンボジア戦は4分! ハリルは南野に見向きもしなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る