南野“相場の半額以下”でリバプール入り 年明け早々正念場

公開日: 更新日:

 英プレミアの名門リバプールへの移籍が決まった日本代表FW南野拓実(24)の評判が、英国内ですこぶる良好である。

 欧州屈指の破壊力を誇るエジプト代表FWサラー、ブラジル代表FWフィルミーノ、セネガル代表FWマネの強力3トップの代役が務まる――と断定調で報じる英メディアも少なくない。

 リバプールOBのコメントも好意的なものが目立つ。

 元イングランド代表FWクラウチは、地元紙に「彼はアグレッシブでスピーディーなスタイルでプレーするだろう。プレミアリーグに歓迎された補強だった。移籍金は725万ポンド(10億4100万円)。お買い得だと思っている」とコメント。ちなみにリバプール移籍が決まる前、南野の移籍金相場は2000万ポンド(28億6000万円)ともっぱら。

 リバプールは<相場の半額>以下で買い叩くことができたというワケだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

もっと見る