新人がアマ時代より遙かに強くバットを振り回していたのが気になった

公開日: 更新日:

 新人の自主トレを見に行ったときのこと。オレのすぐ近くでティー打撃を繰り返す2人の大学生野手を見て、アレッと思った。

 担当スカウトによれば、ともにシュアな打撃が持ち味。コンパクトなスイングで広角に安打を量産するタイプで、アマ時代の映像を見ても、力感のない素直な打撃フォームが評価されたことが分かる。なのに、やたらと強くバットを振り回していた。まるで本塁打を狙うようなスイングだったからクビをかしげたんだ。

 打撃コーチは遠巻きに見ていたし、首脳陣が視察していたから力んだという感じではない。かといって、担当でもないのに本人たちに聞くのも気が引ける。で、そばにいた部長に「あの2人はあんなに振り回す選手でしたっけ?」と水を向けると、「オレもさっきから気になってたんだ。体づくりの一環と割り切って振り回してるなら構わない。けれども、プロに入ったんだからこれまでとは違う、力強いスイングをしなければならないと思ってやってるとしたらよくないな」と、こう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  7. 7

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  8. 8

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る