研修会でSNSモラル初講義 佐々木も奥川も「やっていない」

公開日: 更新日:

 10日に行われたNPB新人選手研修会。ロッテ1位の佐々木朗希(大船渡)とヤクルト1位の奥川恭伸(星稜)は、昨秋のU18W杯以来の再会を果たした。

 佐々木が奥川に新人合同自主トレの様子を尋ねるなど、旧交を温めた様子。その研修会の講義で目を引いたのは、今年初採用された「SNSの使用モラルと危険性について」だった。

 プロ野球界では、SNSにまつわるトラブルが少なくない。2018年には巨人の2選手が裸踊りしている姿をSNSに投稿し、出場停止処分を食らった。昨年はDeNAの投手がSNSをきっかけに未成年の女性と不適切な行為をし、無期限謹慎処分後に戦力外となった。講義でもその話題が触れられた。

 彼らは二軍の選手だったが、プロ野球選手というだけで大ゴトになる。「超高校級」といわれる2人ならなおさらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  8. 8

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る