研修会でSNSモラル初講義 佐々木も奥川も「やっていない」

公開日: 更新日:

 10日に行われたNPB新人選手研修会。ロッテ1位の佐々木朗希(大船渡)とヤクルト1位の奥川恭伸(星稜)は、昨秋のU18W杯以来の再会を果たした。

 佐々木が奥川に新人合同自主トレの様子を尋ねるなど、旧交を温めた様子。その研修会の講義で目を引いたのは、今年初採用された「SNSの使用モラルと危険性について」だった。

 プロ野球界では、SNSにまつわるトラブルが少なくない。2018年には巨人の2選手が裸踊りしている姿をSNSに投稿し、出場停止処分を食らった。昨年はDeNAの投手がSNSをきっかけに未成年の女性と不適切な行為をし、無期限謹慎処分後に戦力外となった。講義でもその話題が触れられた。

 彼らは二軍の選手だったが、プロ野球選手というだけで大ゴトになる。「超高校級」といわれる2人ならなおさらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る