原監督「実力至上主義」力説 巨人選手を待つオフの大ナタ

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(61)が14日、神奈川県平塚市にある母校の東海大学で教職員を対象とした講演を行った。原監督の高校、大学の後輩である柔道男子日本代表の井上康生監督(41)がサプライズで登壇。「勝ち抜くための組織づくり」について討論した。

「(監督として)一番頭を悩ませるのは選手を選ぶという作業。これが一番大変」

 そう切り出した原監督は続けて、「チームの和を保つために(重要なの)は1点だけ。『実力至上主義』。いろんな思惑の中から選ぶと和が乱れる。五分五分なら若い選手を使うとかはあるけれど、これができれば和が崩れない。強いチームなら余計にそう。そこは譲れない」と、力説。

 傍らで井上監督は大きくうなずいていたが、選考方法が明らかにされている柔道の代表選手を「いろんな思惑の中」から選ぶことは考えられない。むしろ、問題は巨人の方である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る