試合中に叱責 巨人原監督に今年一番怒られたコーチの名前

公開日: 更新日:

 今季、5年ぶりのリーグ優勝を果たした巨人。復帰した原辰徳監督(61)の手腕に改めてスポットが当たったが、仕えるコーチは大変だったようだ。

「4年ぶり3度目の巨人監督のユニホームに袖を通し、『今回はコーチを育てるのも自分の仕事だ』と言っていた原さんは、一軍に初のコーチ業となる宮本(55)、元木(47)両コーチなど経験の浅い人材を抜擢したこともあり、かなり厳しく当たった。試合中や選手の前でもお構いなしという感じで、声を荒らげ、コーチを立たせたまま叱責することも日常茶飯事。試合中に選手が呆然とすることもあったほどです」(チーム関係者)

 最も多くカミナリを落とされたのは、経験豊富で現役時代から原派の番頭格だった吉村打撃総合コーチ(56)だった。吉村コーチは開幕から原監督の横に陣取り、指揮官から出されるサインを三塁ベースコーチに伝達する役目を担っていたものの、ミスが頻発したことからシーズン途中に伝達役をクビに。後藤打撃コーチ(50)に取って代わられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る