佐々木「夢の170キロ」に大騒ぎ 執拗に球速を求める危うさ

公開日: 更新日:

 野球界で、投手の球速が注目されるようになって久しい。

 例えば、19日付のスポーツ紙は、163キロの速球を投げるロッテドラフト1位ルーキー・佐々木朗希の体力測定の結果を掲載。筋肉の数値自体は大したことがないのにそれだけのスピードボールを投げるのだから目標の170キロ到達も夢ではないと騒いでいる。

 16日付のスポーツニッポンは、巨人がキャンプ地・宮崎のブルペンにスピードガンを設置すると報じた。宮本投手コーチは就任時から、若手投手の球速を3キロアップさせることを目標に掲げているという。投手には「〇〇〇キロ右腕」という形容詞が当たり前のようにつき、ほとんどの投手が1キロでも速い球を投げたいと考えているのが現状だ。

 球速にこだわっているのは、プロ野球の投手に限らない。今春のセンバツへの出場が有力視される高校生投手は「球速をあと5キロはアップさせたい」「目標は150キロ」などと話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る