走りと体幹に課題…ロッテ・佐々木に必要な「歩き方改革」

公開日: 更新日:

 ひとつの課題といっていい。

 15日、ロッテ1位の佐々木朗希(大船渡)が新人合同自主トレの練習後、「疲れがだいぶたまっています。練習がハードなので、ついていくことに精いっぱいという段階。ついていくことに集中しています」と、現状を吐露した。

■本人も重要性を認識

 それは、スプリントのトレーニングでも見て取れた。佐々木は「疲れるので慣れていかないといけない。正しいフォームで走らないとマイナスになる。フォームを大事にしながら、下半身や上半身の筋力を鍛える必要があると思います」と、課題を挙げた。

 さるチーム関係者がこう言う。

「佐々木はまだ体幹がしっかりしていないのでしょう。腰や膝など体のあちこちに負担がかかる走り方になっているといえます。走る際に体がブレるなど、体の使い方、力の伝え方に課題がある。力を伝える方向にバラツキがあると、力のロスが生じ、ケガの原因にもなる。歩き方についても、踏み出す足がやや内側に入って、すり足気味なので足腰に負担がかかりやすい。佐々木はもともと柔軟性が高く、手足も長い。体幹を強化するなど、筋力、柔軟性、全身の持久力を総合的に整えていくことで、普段の練習の効率アップはもちろん、投球においてもより安定したパフォーマンスを発揮できるようになるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る