レジェンド松坂のブルペン投球 西武首脳陣の真の狙いは?

公開日: 更新日:

 9日、西武松坂大輔(39)が今キャンプ3度目のブルペン入り。捕手を座らせて、40分以上かけ変化球も交えて93球を入念に投げ込んだ。

「思ったより早く、フリー打撃に投げられそう」とは松坂。調整は順調ということだろう。

 もちろん、今の松坂を過度に評価するのは禁物だ。「平成の怪物」も、度重なるケガや年齢による衰えは隠せない。渡辺GMも獲得の際、「1勝でも2勝でもいい」と話し、日刊ゲンダイの直撃には「若い先発陣が今の大輔を見てどう思うか」と、手本としての役割にも期待していた。

 この日、視察に訪れた某球団の編成担当は「それならまさに松坂はうってつけでしょう」と、こう続ける。

「松坂は当たり前のことを当たり前にやっている。今日はワインドアップより、セットポジションで多く投げていた。『自分が投げるときは6、7割で走者がいる』と思っているからでしょう。二塁走者を確認するように首を後ろに向けたり、サインに首を振る、間合いを変えるなど、一球一球、シチュエーションを想定して慎重に投げていた。同じ時間にブルペンで投げていた投手もいたけど、松坂のように実戦を想定していた者はいなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る