レジェンド松坂の“新妻”森友哉は褒め言葉探しも仕事のうち

公開日: 更新日:

 気を使う日々がやってくる。

 14年ぶりに復帰した松坂大輔(39)が3日、今キャンプで初めて上下ともにユニホーム姿でグラウンドに登場。投内連係で汗を流したのち、ブルペンの立ち投げで16球を投げた。自身の背番号と同じ球数は全て直球。昨夏以来となるマウンドでの投球に松坂は、「初めてにしては良かったのでは」と言った。

 球を受けたのは正捕手の森友哉(24)だ。「レジェンドです。めちゃ緊張しました。しっかり指にかかった球は強い球だった」と、ファンのような表情を見せていた。

 松坂といえば横浜高時代の1998年に春夏甲子園を連覇。「平成の怪物」と呼ばれ、西武入団後は3年連続最多勝。1年目にイチローを3打席連続三振に仕留めた対決は伝説になっている。

 メジャーでは天国と地獄を味わい、2015年に日本球界に復帰。ソフトバンクでの3年間で一軍登板は1試合だけ。18年から在籍した中日でも2年間で13試合(6勝5敗)に投げただけだったが、若い選手にとっては「レジェンド」に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  10. 10

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

もっと見る