ソフトB城島氏「ルンルン気分じゃ職業野球はできません」

公開日: 更新日:

ソフトB会長付特別アドバイザー城島健司氏を直撃<中>

 王球団会長がすでに肩書を用意していたこともあり、古巣復帰を決めたソフトバンク城島健司会長付特別アドバイザー(43)。その仕事内容を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 ――王会長からは、どのようなことを言われていますか。

「僕は現役時代に工藤監督(56)に配球のイロハを教わったわけですからね。工藤監督の考え方を選手に伝えることが大事かと。工藤さんと選手との年齢が少しあいていますから。『オレは工藤さんにこう教わったよ』とか『工藤さんの教えはこうだよ』と、クッションとしての役割をしてほしいという言い方を会長はしていた。選手からすると、僕はフロントでもコーチでもない。あくまで先輩として接することができる。会長には『君はセ・リーグにも行ったし、メジャーにも行ったから、そういう先輩として選手の意見を聞いてやってほしい。話を聞いてやってほしい。そういう立場なんだ』とも言われました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る