ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

公開日: 更新日:

 釣り師でも雀士でもあるが、本質はやはり、野球人ということか。

 今年からソフトバンクの王球団会長付特別アドバイザーに就任した城島健司氏(43)。キャンプにも帯同し、久々の野球の現場を味わっている。選手とも積極的にコミュニケーションを取っており、先日は昨オフに右ひじ手術をし、リハビリ組スタートの柳田悠岐(31)と話し込んでいた。

 城島アドバイザーが言う。

「彼のレベルになれば、相手(投手)も勝負をしてくれないから、四死球が多くなる。ストレスはあると思うよ。でも、我慢が必要だと。僕も昔、王さんに『(相手投手が)おまえに簡単にストライクを投げられるわけがないだろ。四死球が多いのは、それだけ警戒しているからだ』と言われ、救われたような気分になった。そういうことを柳田にも伝えるのが、彼にとっても一番うれしいんじゃないかなって。選手って不安なんですよ。だから、明らかな長所や強化に励んでいる部分を改めて褒められると、うれしいものなんです。僕はそうしたことを伝えていこうと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る