ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

公開日: 更新日:

 釣り師でも雀士でもあるが、本質はやはり、野球人ということか。

 今年からソフトバンクの王球団会長付特別アドバイザーに就任した城島健司氏(43)。キャンプにも帯同し、久々の野球の現場を味わっている。選手とも積極的にコミュニケーションを取っており、先日は昨オフに右ひじ手術をし、リハビリ組スタートの柳田悠岐(31)と話し込んでいた。

 城島アドバイザーが言う。

「彼のレベルになれば、相手(投手)も勝負をしてくれないから、四死球が多くなる。ストレスはあると思うよ。でも、我慢が必要だと。僕も昔、王さんに『(相手投手が)おまえに簡単にストライクを投げられるわけがないだろ。四死球が多いのは、それだけ警戒しているからだ』と言われ、救われたような気分になった。そういうことを柳田にも伝えるのが、彼にとっても一番うれしいんじゃないかなって。選手って不安なんですよ。だから、明らかな長所や強化に励んでいる部分を改めて褒められると、うれしいものなんです。僕はそうしたことを伝えていこうと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る