鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

球界の嫌われ者ピート・ローズを利用するトランプの思惑

公開日: 更新日:

 米国民主党の大統領候補は、3月3日の「スーパーチューズデー」を経て、前副大統領のジョー・バイデンと上院議員のバーニー・サンダースに絞られた。ただ、現時点で両者の争いに決定打はなく、民主党の候補者選びは長期化することが予想されている。

 一方、現職のドナルド・トランプは、米国内の世論や国際社会の反発を受けながらも、支持者からの信頼は底堅い。選手の間では共和党と民主党の支持が分かれるものの、経営者の4分の3近くが共和党を支持している大リーグ関係者の中で、誰よりもトランプの再選を願っている人物がいる。ピート・ローズだ。

 ローズが歴代最多となる通算4256安打を記録し、「チャーリー・ハッスル」の愛称で親しまれながら、監督時代の1989年に野球賭博への関与が発覚したため、球界からの永久追放処分を受けたことは周知の通りだ。球界追放後のローズは前コミッショナーのバド・セリグに20年以上にわたって球界への復帰の嘆願書を送っており、2015年にロブ・マンフレッドがコミッショナーに就任すると、同様に請願を行っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る