拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

公開日: 更新日:

 また嘘をつくのか。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、スポーツイベントが次々に中止や延期、無観客試合になることが発表されている。最も気になるのが5カ月後に迫った東京五輪(7月24日~8月9日)だ。

 25日のAP通信によれば、国際オリンピック委員会(IOC)のディック・パウンド委員(77=カナダ)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪の開催可否の判断は5月下旬が期限になるとの考えを示した。

 2002年から03年に流行し、800人以上の死者を出した重症急性呼吸器症候群(SARS)は、発症例報告から終息宣言までに約8カ月を要した。それを参考にすれば、今回の新型ウイルスの終息宣言が出るのは今年8月という見方もある。感染の拡大は7月に収まっても、五輪を開催するか、中止にするかの判断はギリギリまで待てない。パウンド委員の言う「5月末」でも遅いぐらいだ。

 スポーツライターの津田俊樹氏はこう言う。

「仮に5月末に終息宣言が出たとしましょう。IOCと話し合い、組織委員会が世界に向けて『五輪は予定通り行います』と発信しても、どれだけの国が来日するでしょうか。クルーズ船の長期隔離、下船後の公共交通機関の帰宅許可、検査体制も韓国よりはるかに劣っていることが露呈した。新型ウイルスに対する政府対応はすべてにおいてスピード感がなく、それは国内だけでなく世界からも厳しい目が向けられている。

 例えば25日のロイター通信は、『新型ウイルス対応策の陣頭指揮を執っていない安倍首相はどこにいるのか?』と批判している。熱や咳が出て『もしかして……』と思う人も、今は(PCR)検査を受けることができない。国民は不安を募らせ、重篤患者は毎日のように命を落としている。医療崩壊していると言っても過言ではない国です。自国民さえ守れない国が、外国人の安全を保証できるわけがない。そんな国が『世界の皆さん、安心して日本に来てください』と言っても、誰が信用できますか」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ