高野連“選手第一”は建前 センバツ中止裏に同調圧力とカネ

公開日: 更新日:

 日本高野連は、すでに新型コロナウイルスの感染拡大が社会問題になっていた4日に行った運営委員会と臨時理事会で、それでも19日開幕のセンバツ大会を無観客で開催する方針を決定していた。

 それが一転、史上初の中止である。

 4日の時点で11日に再協議するとしていた高野連にとって、コロナ問題がさらに拡大の一途をたどっている現状を無視できなくなったのは事実だが、それだけか。

「実は無観客開催の方針を発表してから、高野連には抗議の電話が殺到した。テニス柔道など高体連に加盟する24の競技団体が3月に予定していた全国大会をすべて中止にしただけに、『なぜ野球だけ』との批判に直面して中止に舵を切らざるを得なかった。同調圧力に屈したことは否定できない」(高野連関係者)

 この日の会見で大会会長である毎日新聞の丸山社長は、「圧力などはなかったと思っています」と言いながら、「『高校野球だけが特別なのか』とか、意見はいろいろな形でいただきました」と言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る