米コロナ禍で禁止薬物陽性選手続出の危機 痩身サプリ注意

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの次は薬物汚染か。

 レギュラーシーズンの中断、開幕が延期した米プロスポーツ。今後、通常通りに開催されても、ドーピング検査でクロと判定される選手が続出しかねないからだ。

 米国ではアスリートを対象に開発されたダイエットサプリが数多く流通。太りやすかったり、減量が必要な競技の選手が好んで服用している。

 現在、市販されているサプリには、体脂肪を減らすイパモレリン、筋肉増強作用のあるオスタリンなどの禁止薬物が含まれているものも決して少なくないという。

 昨年から、NBAブルックリン・ネッツのウィルソン・チャンドラー、NFLテネシー・タイタンズのテイラー・リワンら、禁止薬物入りのダイエットサプリを摂取したドーピング違反が続出。USADA(米反ドーピング機構)が、各競技団体に対し緊急の警告を発したほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る