名門開星・山内前監督 部費300万円私的流用と体罰の実態

公開日: 更新日:

 出席した保護者たちは、一様に落胆の色を隠せなかった。

 山内弘和前監督らによる部費や遠征費の私的流用が発覚した開星高校野球部で、保護者会が開かれた。3月下旬、「腹切り発言」で話題になった野々村直通監督が8年ぶりに現場復帰する直前のことである。

 会では、前監督らの私的流用の実態とともに、生々しい部員への体罰の事実も明らかにされたという。開星高校関係者の話。

「部費は部員1人当たり月1万円で、年間で総額1000万円近くになる。今年3月限りで学校を退職した山内前監督ら指導者は、部費や練習試合などの遠征の際に部員から徴収する費用の一部を、まるで自分のお金のように使い込んでいた。ある時期の1週間は5日も焼き肉店で外食をし、遠征先ではキャバクラ代や締めのラーメン代まで部の経費を充てていたようです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  7. 7

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  8. 8

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  9. 9

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

  10. 10

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

もっと見る