名門開星・山内前監督 部費300万円私的流用と体罰の実態

公開日: 更新日:

 出席した保護者たちは、一様に落胆の色を隠せなかった。

 山内弘和前監督らによる部費や遠征費の私的流用が発覚した開星高校野球部で、保護者会が開かれた。3月下旬、「腹切り発言」で話題になった野々村直通監督が8年ぶりに現場復帰する直前のことである。

 会では、前監督らの私的流用の実態とともに、生々しい部員への体罰の事実も明らかにされたという。開星高校関係者の話。

「部費は部員1人当たり月1万円で、年間で総額1000万円近くになる。今年3月限りで学校を退職した山内前監督ら指導者は、部費や練習試合などの遠征の際に部員から徴収する費用の一部を、まるで自分のお金のように使い込んでいた。ある時期の1週間は5日も焼き肉店で外食をし、遠征先ではキャバクラ代や締めのラーメン代まで部の経費を充てていたようです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    トマトと並んで人気 キュウリを育てるための2つの注意点

もっと見る