「殴られる方がマシ」鉄拳制裁より悪質な“パワハラ”の実態

公開日: 更新日:

「殴る、蹴るというのとは違うけど、『それ、パワハラでしょ』というのは結構ある」

 こう言うのは、パ・リーグ某球団に所属する30代の選手だ。

 つい最近も、「それで二軍の若手選手に泣きつかれた。ある意味では鉄拳制裁より悪質です」とこう続ける。

「自分のときもそうでした。二軍には例えば打撃担当でも最低2人のコーチがいて、指導を受ける中でどちらの顔も立てなければいけない。困るのは、教えることが違うとき。当然、指導法やアドバイスには自分に合う、合わないがあって、合う方のコーチの言うことを聞くと、もう一人が『そんなことは教えてねえだろ!』と怒るなんてことがよくあるんです。怒鳴られるだけならまだいいんですけど、ヘソを曲げた方のコーチが年上だったり、格上だったりすると、『おまえはもう使わない』と試合に出してもらえない。僕に泣きついてきた二軍選手はまさにそれで、以来、完全無視されてるそうです。試合に使ってもらえなければ、給料に響くし、選手生命にも影響する。殴られて使ってもらえるなら、そっちの方がマシ。従順かそうでないかで仕事を奪うなんて、パワハラ以外の何ものでもないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る