八村と大谷に明暗 NBAがすんなりシーズン再開できる謎解き

公開日: 更新日:

 米プロスポーツが対照的だ。

 プロバスケットボールNBAは、すでに7月31日(日本時間8月1日)のレギュラーシーズン再開を決定。中断前の戦績から東西カンファレンス計22チームがプレーオフ進出を争う。日本人所属チームでは八村塁(22)のウィザーズ、渡辺雄太(25)のグリズリーズがディズニーワールド(フロリダ州オーランド)のコートに立つ。

 そこへいくとメジャーリーグ(MLB)は依然として開幕の見通しすら立たない。収入減を理由に選手の年俸削減を図りたい経営者側と、それを阻止したい選手会側の折り合いが付かず、議論は平行線をたどっている。

 野球とは対照的にバスケが、すんなりとシーズンを再開できる最大の要因は労使協定の存在だろう。年俸減を避けたいのは高給取りの多いNBAプレーヤーも同じ。しかし、NBAの労使協定ではテロや自然災害、疾病などの「不可抗力」によって試合が開催できなくなった場合、試合数に応じて選手の報酬を減額できると定めている(今回はレギュラーシーズン1試合につき年俸から1・08%減)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  9. 9

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る