日ハム野村佑希 全治5カ月の大ケガ乗り越えた「大砲」候補

公開日: 更新日:

野村佑希(日本ハム・三塁手2年目・19歳)

 本人は開幕一軍を想像すらしていなかったそうだが、それもそうだろう。

 プロ1年目の昨年8月31日。試合前、ファウルゾーンでノックを受けている最中に股関節を痛めた。診断の結果は「左股関節後方亜脱臼」。手術が必要で、全治5カ月の重傷だった。10月1日に退院するも、今春のキャンプは二軍スタート。しかし、実戦が始まるなり頭角を現した。さるOBが言う。

「高校通算58本塁打。長打力が売りなのに、1年目は当てにいく打撃が目立った。数字(打率)が欲しかったんだろう。けれども、まったく体を動かせない大ケガを経験して吹っ切れたのか、迷うことなく振り切れるようになり、スイングスピードも見違えるほど速くなった」

 練習試合5試合でチーム最多の3本塁打。結果を出したことで、一軍切符を手にした。


 花咲徳栄(埼玉)から2018年のドラフト2位で入団。2年夏の甲子園は4番打者として全国制覇に貢献。3年時はエース兼4番で連覇に挑むも、2回戦で4位入団の万波を擁する横浜(神奈川)に敗れた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン追放クーデター進行か…ウクライナ軍が目指すロシア軍“8.24完全撤退”の可能性

    プーチン追放クーデター進行か…ウクライナ軍が目指すロシア軍“8.24完全撤退”の可能性

  2. 2
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 3
    「パラリーガルのままでよいですよ」…話題の本「秋篠宮」の思いは小室圭さんに伝わっているのか

    「パラリーガルのままでよいですよ」…話題の本「秋篠宮」の思いは小室圭さんに伝わっているのか

  4. 4
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

  5. 5
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

  3. 8
    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

  4. 9
    阪神次期監督に藤川球児氏が急浮上!最下位独走も売り上げ好調で矢野監督は途中解任せず

    阪神次期監督に藤川球児氏が急浮上!最下位独走も売り上げ好調で矢野監督は途中解任せず

  5. 10
    広瀬アリスらが休業宣言、大物の急逝相次ぎ…芸能人のメンタルケアに頭を悩ます事務所の内情

    広瀬アリスらが休業宣言、大物の急逝相次ぎ…芸能人のメンタルケアに頭を悩ます事務所の内情