今季の日ハム中田翔は「脱メジャー打法」堅実打撃が戻る

公開日: 更新日:

 日本ハム中田翔(31)が“新型潜水艦”を打ち砕いた。

 21日は0―0の二回に、プロ初登板のアンダースロー、西武先発の与座から値千金の先制ソロ。その後もボールをよく見極め、3打数1安打、1本塁打、2四球。パワーだけではないところを見せつけた。

 20日の2戦目も決勝タイムリーを放つなど、もっか打率・300、1本塁打3打点。2年連続リーグ覇者の西武との開幕カードを2勝1敗と勝ち越す立役者になった。

 今季は開幕前の練習試合も28打数8安打、3本塁打11打点の大当たり。球団OBは「今季は打撃の堅実性に磨きをかけた」と、こう続ける。

「昨季はホームランを打ちたいという思いが強過ぎたのか、不慣れな打撃フォームで苦しんでいた。メジャーの強打者さながらに左ヒザを上げて、フルスイング。これが中田には合わず、打率・242と低迷した。今季、練習試合から調子がいいのは、オーソドックスなフォームに戻したからです。もともと中田は選球眼の良い打者ですからね。これまではホームランにこだわるあまり、長所をうまく生かせなかった。チームへの貢献度ということを考えたら、今季はこれまで以上に期待がもてる」

 今年こそチームを4年ぶりのリーグ優勝に導けるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る